[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


山中慎介VSルイス・ネリのボクシング対決から解いてみた報知杯弥生賞

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2018年 3月21日(水)16時07分38秒
編集済
 

■2018年3月4日(日) 第55回報知杯弥生賞(GⅡ)


このレースの出馬の囲い込み、

1枠1番オブセッション/ルメール(藤沢師)【馬名の意味は「執念」】
8枠大外サンリヴァル藤岡祐【馬名の意味は「無敵」】

及び、JRAの本音枠、

6枠6番アサクサスポット武藤【浅草は興業の街】【武藤は「武道」に通じる】

から思い浮かぶのは、今週、体重制限をオーバーしてまで無敵=全勝狙いの試合をしたメキシコ人ボクサーのルイス・ネリVS山中慎介の世界バンタム級タイトルマッチ、つまりは武道の興業です。


ですからキーワードは、

●山中慎介VSルイス・ネリ、つまり主役のぶつかり合い。
●全勝、つまりは報知杯弥生賞に於ける全勝馬。
●今回の試合は昨夏8月15日のルイス・ネリのドーピング問題を受けての再戦なのだから、再戦のベースとなるレースが見つけられるか。
そして、その近辺に行われた同じGⅡ重賞である札幌記念、
================
□2017年/札幌記念
1着 1枠 1番(地)サクラアンプルール蛯名
2着 2枠 2番ナリタハリケーン藤岡康
3着 3枠 3番ヤマカツエース池添
================
のデータをどう受け継ぐか。

といったあたりでしょう。


というわけで必要なのは「1番人気と2番人気のぶつかり合い=接触状態」「全勝馬」、そこに2年前の報知杯弥生賞、

================
□2016年/報知杯弥生賞
1着 8枠右11番マカヒキ川田(友道康夫厩舎)※2連勝中
2着 7枠左10リオンディーズM.デムーロ(朝日杯FS1着馬)※2連勝中
3着 4枠 4番エアスピネル武豊
================

の7枠左と8枠左を彷彿させるかのように、

7枠左8番ワグネリアン福永(友道康夫厩舎)※2連勝中の全勝馬
8枠右9番ダノンプレミアム川田(朝日杯FS1着馬)※2連勝中の全勝馬

のほぼ同じ要素が入った以上、最低でもどちらか一方は絡むでしょうし、キーワードは「再戦」なのですから同じことが繰り返される=つまりは同じ馬券になることも考えなくてはならないでしょう。


問題は馬券軸をどちらにするかですが、ルイス・ネリが体重制限をオーバーしてまで無敵=全勝狙いという執念を見せたことに対して、7枠左8番ワグネリアン福永は「ネリ」を持つ馬。


そして同じ和暦の10頭立てだったきさらぎ賞が、

================
【1着】3枠 3番サトノフェイバー古川
【3着】4枠 4番ラセット藤岡祐
--
【2着】7枠左8番グローリーヴェイズ/M.デムーロ※2番人気
【着外】8枠右9番ダノンマジェスティ松若※1番人気
================

1番人気のダノンが同じ8枠右9番に置かれていることもあって出目が共通する可能性が大だと思うのですが、1着の古川が騎乗停止中であることに対し、2着のM.デムーロは今週JRA通算800勝を記録して目出度いのですから、M.デムーロの7枠左8番の方が可能性が高そうです。


以上の理由で7枠左8番ワグネリアン福永を馬券軸にします。


相手ですが、10頭立てで、2枠2番アラウン/ミナリク(地方の川崎でしか勝ったことがないようなダート馬)、5枠5番ヘビータンク野中(初出走馬)のような『駄馬』の出走で思い出すのは、10頭立てだった1991年宝塚記念、

================
□1991年/宝塚記念
1着 1枠単1番メジロライアン横山典※2番人気
2着 8枠単10番メジロマックイーン武豊※1番人気
3着 4枠 4番タイイーグル安田隆
================

このレースに於いて武豊が「勝負にならない馬は出てこないで欲しい(ショウリテンユウに寄られて、それが結果、メジロライアンのアシストになった)」のような発言をしたことでしょう。
ですから単純に、1枠か8枠の人気サイド、そして武豊に繋げれば良いと思います。


但しその駄馬の1頭であるヘビータンク野中は、同じボクシングがテーマだった共同通信杯に於いて京都の政治家であり障害者施設「太陽の園」の野中広務氏の追悼を「朝日杯フューチュリティステークスの出目を一発で使う」という形で行った時のキーワード『野中』なのですから、メジロライアンのメモリアルレースである報知杯弥生賞に於いて必要なのは、やはり野中広務氏の「太陽の園」のアシスト。


昨年末朝日杯FSの1着馬であるダノンプレミアム川田か、1着ポジションである1枠1番に置かれたオブセッション/ルメールか、どちらかに流していれば良いのではないでしょうか。


勿論、昨夏・GⅡ・札幌記念のようなゾロ目・接触目の『再戦』、2年前の報知杯弥生賞と全く同じ形になる友道康夫厩舎VS朝日杯FS1着馬の『再戦』はあっても仕方がないと思います。


馬連2点勝負。
幸運を祈りましょう。


================
◎連対馬A:
7枠左8番ワグネリアン:福永
----------------
◎連対馬X:
1枠 1番オブセッション:ルメール
8枠右9番ダノンプレミアム:川田
のどちらか。
================
馬連:
01-08(30%)
08-09(70%)☆★☆馬連300円的中!☆★☆
================
三連単:
08→01,09→01,09
01,09→08→01,09
以上4点。
================


競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。

 

/228