新着順:84/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

北陸新幹線の開通やら、お彼岸の前出しやら、色々な角度から攻めてみた2015年中山牝馬S

 投稿者:キムラハヤオ  投稿日:2015年 3月25日(水)00時30分17秒
  通報 編集済
 

■2015年3月15日(日) 第33回ローレル競馬場賞中山牝馬S(GⅢ)


今週は北陸新幹線が開通で、北陸と言えば金沢で、金沢と言えば競馬の世界ではハクサンムーン(馬主さんが金沢の人)で、反対競馬の報知杯FRは昨夏の小倉2歳Sを彷彿させた妖怪ウオッチが活躍しそうなレースなのですから、まずは、そのハクサンムーンが同じ15頭立ての晩夏のレースであるセントウルS(半分人で半分馬の妖怪のようなレース)で2着だった、

================
□2014年/セントウルS
1着 1枠 1番リトルゲルダ丸田
2着 8枠左15番ハクサンムーン戸崎圭
3着 2枠左3番エピセアローム浜中
================

このデータでしょう。



またこのレースの、

1枠1番フレイムコード藤懸(谷師)※馬名の意味は炎の旋律 ※前走・小倉の関門橋S3着馬
8枠大外パワースポット大野

の出馬の囲い込みを見ると、

『秘書と燃えるような浮気をして離婚寸前というのが話題である谷亮子(九州出身)が、パワースポットの土地を目指す』(笑)

のように読めて仕方ありません。

================
8枠左15番【パワースポット】大野
1枠 1番フレイムコード藤懸
2枠右2番【(地)】グレイスフラワー柴田善
2枠左3番バウンスシャッセ田辺
================

土地の(地)及びパワースポットの近辺に置かれた、

================
燃えるような浮気にお似合いの「炎の旋律」であるフレイムコード
旅行が楽しくて仕方なく「弾むような感じで踊る」であるバウンスシャッセ
================

このどちらかの可能性が高そうです。



よって、1枠1番フレイムコード藤懸 or 2枠左3番バウンスシャッセ田辺のどちらかとします。



相手ですが、今週の競馬が面白いのは、

●来週はお彼岸の中日である。
●ところが今週は、土曜日に「お彼岸の中日」にお似合いの中日新聞杯がある。
●日曜日の中山牝馬Sには「来週の重賞であるフラワーCの過去の連対馬」が大挙4頭も出走していてる。

つまりは、『一週間後のお彼岸の中日の前出しレース』のセットとなっていることです。
セットなのですから当然何かが関係するはずです。



ならば、8枠大外パワースポットの大野騎手は、昨秋の中山・スプリンターズSにて昨春の中京・高松宮記念と同じ8枠に置かれ、その高松宮記念の2着の8枠・3着の5枠一発で持ってきた「中京の枠を中山に一発で持ってくるシンボルマークのような騎手」なのですから、土曜日の中京・中日新聞杯の、

================
□中日新聞杯
1着 1枠右1番ディサイファ四位
2着 5枠左10番デウスウルト川田
3着 2枠左4番マイネルミラノ柴田大
================

枠の一発は有り得るでしょう。



その際、中日新聞杯の1・2着馬はハンデ戦の主役である『テ=ハンデのある方には温かい手をの「テ」』同士なのですから、同じハンデ戦の中山牝馬Sも、ハンデ戦の主役であるハンデ頭の一発ということも意識しなくてはならないでしょう。



ということは1枠or2枠の相手は、中日新聞杯の2着の5枠に当たるハンデ頭の54㎏のアイスフォーリスかブランネージュのどちらかなのですが、今週はダービースタリオン本で有名であり、フジテレビ「みんなのKEIBA」の構成作家としても知られる成澤大輔氏がお亡くなりになりました。



ならば、中日新聞杯では、フジ・サンケイグループレースのサンケイスポーツ賞フローラS1着馬サングレアルの同枠となるディサイファが1着でした。
それに対してこのレースは、5枠が過去のサンケイスポーツ賞フローラS2着馬の同居状態ですが、ブランネージュはサングレアル1着時のパートナーです。
ブランネージュの同枠となるアイスフォーリスが馬券になっても良いと思います。



また出馬の囲い込み、

1枠1番フレイムコード藤懸(タヤスツヨシ産駒=絶やすツヨシ)
8枠大外パワースポット大野(スズカマンボ産駒=フェブラリーSウィークに死んだ・絶やした種牡馬)

から彷彿される「ダービースタリオン=荼毘の種馬場」は、スズカマンボ産駒かステイゴールド産駒です。
アイスフォーリス三浦は、ステイゴールド産駒でもあるのです。



従って、単純に5枠右8番アイスフォーリス三浦から、中日新聞杯の2着→3着、2着→1着の組み合わせとなるように買っておけば、馬連はなんとかなるのではないでしょうか。



勿論、人気サイドのアイスフォーリス-バウンスシャッセの組み合わせは必須でしょう。
中日新聞杯の「テ」「テ」のハンデのシンボルマーク同士の組み合わせに対して、54㎏のハンデ頭同士の組み合わせは充分に有り得るからです。


しかし、今週は鳩山由紀夫氏がクリミア問題で世間を騒がせ、鳩山由紀夫にお似合いのコスモ【ポッポ】が2番人気で負けた本日・中山の2Rの出目の一発も、同じ15頭立てでもありますし、「国民の総意=鳩山由紀夫はお馬鹿さん」という意味で可能性は考えておかなくてはならないと思います。

================
□中山2R(15頭立て)(コスモポッポが負けたレース)
1着 1枠 1番モンドインテロ戸崎圭
2着 6枠右11番シンボリセザンヌ木幡初
3着 5枠右8番マカワオクイーン蛯名
================

1着・3着となる馬連01-08になったらそれはそれで面白いと思うのですが、果たしてどうなることでしょうか。



================
馬連:
01-08(30%)
03-08(70%) ☆★☆馬連1,410円的中!☆★☆
================
三連単:
01,030803→01,03,04,13,15 ☆★☆三連単20,190円的中!☆★☆
08→01,03→01,03,04,13,15
以上16点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:84/282 《前のページ | 次のページ》
/282