新着順:83/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お彼岸だから故笹井氏のシンボルマーク・ゴールドシップが復活する。2015年阪神大賞典

 投稿者:キムラハヤオ  投稿日:2015年 3月25日(水)00時47分51秒
  通報
 

■2015年3月22日(日) 第33回阪神大賞典(GⅡ)


この出馬を見て一瞬で気がつくのが、

================
●昨夏・阪神・宝塚記念を勝って神戸・理研・故笹井氏のアイコンとなったゴールドシップと、今春・京都・京都記念を勝って小保方アイコンであるハープスター川田を挟み撃ちの馬券を作ったラブリーデイ(つまりは京都大学・山中教授)が接触していること。

●2週間前の大阪城Sで7枠右・4枠右に置かれたヒストリカル・マウントシャスタの3年前の毎日杯同時連対馬と同じように、このレースは7枠右・4枠に置かれたのが京都記念同時連対馬のラブリーデイ・スズカデヴィアスであること。
================

この2つでしょう。



つまり、

●京都記念の小保方アイコン挟み撃ちと同じように、故笹井氏アイコン・ゴールドシップの隣でラブリーデイが馬券になるのか。
それともこのレースは阪神大賞典なのだから、逆に山中教授アイコンを挟み撃ちして、ラブリーデイの隣でゴールドシップが馬券になるのか。

●大阪城Sの7枠右・4枠右の毎日杯同時連対馬ヒストリカル・マウントシャスタ同様に、7枠右・4枠の京都記念同時連対馬ラブリーデイ・マウントシャスタが馬券になるのか。

●それとも、あの大阪城Sは、

================
□2012年/毎日杯
1着 5枠右6番【ヒストリカル】安藤勝
2着 【7枠】左11番【マウントシャスタ】池添
3着 【4枠】 4番スピルバーグ四位
================

馬はヒストリカル・マウントシャスタと見えるかも知れないけれど、毎日杯の2・3着の枠を使ったというようにも見えるのだから、

================
□京都記念
1着 6枠右6番ラブリーデイ蛯名
2着 7枠左9番スズカデヴィアス藤岡祐
3着 4枠 4番キズナ武豊
================

京都記念の1~3着を使ってカレンミロティック・ゴールドシップ・スズカデヴィアスか馬券になるのか。



要はラブリーデイかゴールドシップの取捨選択だということです(スズカデヴィアスは薄い)。



問題はどちらをチョイスするかですが、今週はお彼岸の中日。



こういう時は、亡くなった者、終わった者、現場に居なくなった者が活躍すべきである時、土曜日の3場のメインレースは、

●中山・フラワーCは太宰が重賞初制覇をした2011年福島牝馬Sと同じ1枠右1番-3枠右5番の一発。そしてこの出目はオルフェーヴルの日本ダービーに繋がった。

●阪神・若葉Sは同じ8頭立てだった今春きさらぎ賞の3着4枠4番-1着3枠3番の一発。あのきさらぎ賞はオルフェーヴルの兄弟馬でありその週に死んだステイゴールド産駒であるアッシュゴールドが4枠4番に置かれていたけれどそのポジションを使ったことにもなる。

●中京・ファルコンSは長らく重賞を勝たせてもらえなかった松田大作が待望の重賞初制覇。これは太宰の重賞初制覇の2011年福島牝馬Sと同じパターンであり、オルフェーヴルの日本ダービーをイメージさせる。

このように「2011年」「オルフェーヴル」「死んだアイテムの京都ポジション」「待ち遠しい」がキーワードでした。



ならばラブリーデイ・ゴールドシップのどちらがキーワードにお似合いかというと、

●オルフェーヴルと同様のステイゴールド産駒であるゴールドシップ
●京都記念で「終わったアイテムであるハープスター川田」が置かれていた7枠右8番の7枠右ならばラブリーデイ、8番ならばゴールドシップ
●長らく1番人気で連対出来ず、そろそろ連対が待ち遠しいゴールドシップ

やはりゴールドシップです。
7枠左8番ゴールドシップ岩田康、つまりはお彼岸の中日だからこそ、故笹井氏アイコンのゴールドシップの復活でよろしいのではないでしょうか。



相手ですが、土曜日の3場のメインレースは「2011年」がキーワードだったのですから、

================
□2011年/阪神大賞典
1着 3枠 3番ナムラクレセント小牧
2着 2枠 2番(外)コスモメドウ松岡
3着 6枠左10番モンテクリスエス川田
================

2011年阪神大賞典の出目は必要でしょう。



また同様に「オルフェーヴル」もキーワードだったのですから、

================
□2012年/阪神大賞典
1着 1枠 1番ギュスターヴクライ福永
2着 8枠左12番オルフェーヴル池添
3着 5枠左6番ナムラクレセント和田
================

オルフェーヴルが大逸走で話題だったこのレースと同じように「接触目」「対比の目」のどちらかはしてくれるでしょう。



ならば、その双方が重なったのは、

●2011年阪神大賞典の3着の6枠を貰い、2012年阪神大賞典同様に「接触目」となる6枠6番カレンミロティック/M.デムーロ
●2011年阪神大賞典の3着の10番を貰い、2012年阪神大賞典同様に「接触目」となる8枠左10番メイショウカドマツ武豊
●2011年阪神大賞典の2着の2枠を貰い、2012年阪神大賞典同様に「対比の目」となる2枠2番デニムアンドルビー浜中

この3頭。
このうち、1年前の8枠右8番アドマイヤラクティの馬番-枠の組み合わせになってしまう8番ゴールドシップ-8枠メイショウカドマツは余り考えられませんし、故笹井氏アイコンのゴールドシップには「阪神・宝塚記念」がお似合いなのですから、

●昨夏・宝塚記念でのパートナーであるカレンミロティックか。
●宝塚は女優なのだから牝馬のデニムアンドルビーなのか。

このどちらかでよろしいのではないでしょうか。



================
馬連:
06-08(60%)
02-08(40%) ☆★☆馬連1,720円的中!☆★☆
================
三連単:
0802,06→01,02,06,10 ☆★☆三連単8,090円的中!☆★☆
02,06→08→01,02,06,10
以上12点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:83/282 《前のページ | 次のページ》
/282