新着順:81/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小保方氏と笹井氏の(もしかしたら最後の)逢瀬という視点で考えてみた2015年七夕賞

 投稿者:キムラハヤオ  投稿日:2015年 7月15日(水)09時37分56秒
  通報 編集済
 

■2015年7月12日(日) 第51回サマー2000シリーズ七夕賞(GⅢ)


※お客様に提供した文章に、twitterでの補足等を加筆したものです。
※石川騎手の記述に誤りがありましたので、修正しました(2015/07/16 12:33)。


サイン会議に、

================
サマー2000シリーズの初戦である七夕賞。
そして映画ターミネーターの新作の公開週でもある今週。

同じサマーなんちゃらシリーズの初戦であり、映画マッドマックス4の公開週でもあった函館スプリントS(http://db.netkeiba.com/race/201502010211/)が昨秋のスプリントGIであるスプリンターズS(http://db.netkeiba.com/race/201404030811/)をド一発で使った以上、七夕賞も昨秋の中距離GIである天皇賞(秋)を考えるのは当然の話なのか。
================

と書きましたが、一体何を使うのかは出馬を読み取れば良い時に、この出馬の囲い込みの、

●1枠1番マイネルディーン柴田大(マイネルラクリマ柴田大を思い出させるコンビであり、9月30日が命日のジェームズ・ディーンを思い出す)
●8枠大外フィロパトール石川(フィロパトールはクレオパトラだから、女王、つまりはエリザベス女王杯を思い出す)

からは、昨年9月末、スプリンターズSの前週に行われ、マイネルラクリマが勝ち、2着がのちのエリザベス女王杯1着馬となったラキシス川田だった産経賞オールカマーを思い出される以上、

================
□2014年/産経賞オールカマー
1着 6枠右11番マイネルラクリマ戸崎圭
2着 3枠左6番ラキシス川田
3着 3枠右5番クリールカイザー吉田豊
================

単純に1・2着の出目のどちらかで良いでしょう。



問題は2番人気6枠右11番グランデッツァ川田、1番人気3枠左6番レコンダイト/M.デムーロのどちらをチョイスするかですが、最近は世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」が話題ですけれども、岩手の「橋野鉄鉱山・高炉跡」も登録された以上、岩手の遺産級の名馬であるトウケイニセイの冠を持つトウケイヘイローの役目は考えねばなりません。
そうすると先週の白川郷Sでは、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」には山口の「萩反射炉」などもある時に、5枠左7番に置かれた「ハギ」ノタイクーンはその左の6枠右8番エルマンボ福永を2着に持ってきていました。
ですから恐らく「トウケイ」ヘイローもその左ですし、同じサインを使う時は出目も連動するのですから、単純にエルマンボの6枠右をもらうということで良いのではないでしょうか。



また今週は男女のペアの七夕賞であり、「笹の葉さらさら」の七夕賞にはSTAP細胞絡みで自殺してしまった「笹」井氏も大事である時、出馬の囲い込みの、

●1枠1番マイネルディーン柴田大(ジェームズ・ディーンは、死後も追悼に訪れる人が多い)
●8枠大外フィロパトール石川(フィロパトール=クレオパトラはイイ女でありながら、騎手の石川は昨秋のターコイズSをビリギャルの代名詞のようなミナレットで勝ったことで「ビリギャル」の宣言をされ、現実社会に於けるビリギャルの仕事は結婚のコーディネーター関連である)

からは、笹井氏とは男女の仲が噂された小保方晴子氏の活躍は容易に読み取れることです。
「笹井氏がゴールドシップ横山典ならば、小保方氏はハープスター川田である」というのはいつも言っていること。

================
6枠右11番グランデッツァ川田
7枠右13番ヒラボクディープ横山典
================

笹井氏の隣に置かれた小保方氏の川田が乗るグランデッツァから買うのは当然ではないでしょうか。



さらに今週は映画ターミネーターの新作の公開週であり、七夕賞の「た-た」賞に対して先週のCBC賞は「C-C」賞なのですから目印となっても良い時に、

================
□CBC賞
1着 3枠左6番ウリウリ岩田康
2着 4枠右7番ダンスディレクター浜中
3着 7枠右13番サドンストーム国分優
================

一週間後の映画「タ」ーミーネー「ター」を先出しするような形で「ダ」ンスディレク「ター」が馬券になっていたのですから、この七夕賞も翌週の映画に気を配るのは当然の話でありましょう。
ならば、大事な大事な1枠1番マイネルディーンのジェームズ・ディーンは「ヒーロー」であることに対し、翌週は木村拓哉主演のHEROの劇場版が公開。
HEROとくればフジテレビなのですから、フジテレビ賞スプリングS1着馬でもあるグランデッツァの念押しになっているのではないでしょうか。



以上の理由で、6枠右11番グランデッツァ川田から買います。



相手は、連対馬の一方が小保方氏ならば、男女のペアの七夕賞に於ける8枠大外フィロパトール石川は結婚のコーディネーターなのですから、小保方氏のペアとなる笹井氏が必要となるはず。
結婚相手という色男が必要なのですから、

1枠左2番アルフレード北村宏(オペラ椿姫の主人公の恋人である生年貴族の名)
6枠左12番ステラウインド蛯名(川田=小保方氏の側に置かれた星の馬名の色男)

単純にこの2点に流すことにしました。



このうち小品的なサインアイテムではありますが、6枠左12番ステラウインド蛯名の方を強く買いたい理由が2つあります。



1つは、目印となるべきCBC賞が一週間後先出しダンスディレクターからのゾロ目・接触目で決まった以上、この七夕賞も一週間後先出しグランデッツァからのゾロ目・接触目はあっても文句は言えません。
twitterにこのように書いた、

================
中京最終の出馬が、

1枠1番スヴァラッシー和田(馬名は「素晴らしい」のように読める)
8枠大外ガートルード義(馬名は「ガード」「取る」のように読める)

としながら、昨夏のトヨタ賞中京記念の1・2着の出目に外人騎手が入っていたから、こりゃ「麻薬で逮捕されていたトヨタの外人役員が『ガードが取れて素晴らしい』、つまりは釈放されたというニュース」に反応して一発さえあるかな?と思って買ったら当たったのだが、よく考えてみりゃ今日の主場メインはともに同じ枠連7-8。
ということはは明日の重賞は「その先に発生するはずの出来事」なる視点が必要なのか?
================

この先出しアイテムのゾロ目・接触の決着も「保証書」のようなものでしょう。
ステラウインド、アルフレード、どちらが先出しアイテムでゾロ目・接触目かと言えば、ステラウインドの方です。


もう1つは、中距離・七夕賞に対する土曜日の中距離・五稜郭Sは「五」稜郭に対する「5」枠のフレイムコード菱田が穴をあけたのですから、この七夕賞も「七」を使うか「夕」を使うかのどちらかをしてくれるはずです。
そうすると、今夏は国家公務員の一部が朝の始業時間を早める「ゆう活」なるものが話題になっている時に、昨年、新しく朝日杯のサブタイトルが付いた「朝日杯セントライト記念」、及び中山競馬場から阪神競馬場へ移設された「朝日杯フューチュリティステークス」は『朝の変化』なのですから、そのシンボルマークである1着要素が「ゆう活」であることは意識せねばなりません。

================
□2014年/朝日杯セントライト記念
1着 3枠右5番イスラボニータ蛯名
----------------
□2014年/朝日杯フューチュリティステークス
1着 1枠左2番ダノンプラチナ蛯名
================

『朝の変化』を勝って「朝の変化=ゆう(夕)活に繋がる」のシンボルマークとなった蛯名が七夕賞で連対してもおかしくないのではないでしょうか。



というわけで、アルフレードなら19~20倍、ステラウインドなら37~38倍ですが馬券は等分に買います。
もし小保方氏の川田からの6-6のゾロ目ならば「笹井氏の打ち止めの逢瀬」なんてことになるのかなあと思っているのですが、果たしてそんな結果になってくれるでしょうか。



================
馬連:
02-11(50%)
11-12(50%)☆★☆馬連3,820円的中!☆★☆
================
三連単:
11→02,12→02,03,06,12
02,12→11→02,03,06,12
以上12点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:81/282 《前のページ | 次のページ》
/282