新着順:74/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『変化』に食らい付いた皐月賞。馬連6,220円の配当は勿論、ゲームを読むという『この快感』!!

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2016年 4月19日(火)10時01分56秒
  通報 編集済
 

■2016年4月17日(日) 第76回皐月賞(GⅠ)


TVCMのテーマがフレッシャー(新人)であり、先週の桜花賞が話題の新人騎手である藤田菜七子のJRA初勝利レースを、

================
□日曜/福島/9R
1着 【6枠左12番】サニーデイズ藤田菜(サニーデイズは『光り物』の馬名)
2着 3枠左6番ストロングトリトン杉原
3着 【7枠右13番】スカイアクセス西村
-↓↓↓---------
□桜花賞
1着 【7枠右13番】ジュエラー/M.デムーロ(ジュエラーは『光り物』の馬名)
2着 【6枠左12番】シンハライト池添(シンハライトも『光り物』の馬名)
3着 5枠左10番アットザシーサイド福永
================

●1・3着の出目
●馬名の要素である『光り物』

のように使っていた以上、今週の皐月賞も、

●船橋のマリーンCで騎乗し、スプリングSのモウカッテル同様の5番に置かれたブラックバカラ藤田菜の「ブラック」
●土曜日のラジオ福島賞で騎乗し、スプリングSのモウカッテル同様の5枠に置かれたセイウンチカラ藤田菜の「セイウン」

には反応せねばならぬでしょう。
ちなみに「セイウン」にお似合いの皐月賞は、

================
□1998年/皐月賞
1着 2枠右3番セイウンスカイ横山典(2番人気)
2着 6枠左12番キングヘイロー福永(3番人気)
3着 8枠左18番スペシャルウィーク武豊(1番人気)
================

1番人気のスペシャルウィーク武豊が負けて、2番人気・3番人気が1・2着したこのレースですね。



また、今週半ばの藤田菜は、

●金沢で【逃げ馬】で連勝する。
●船橋のマリーンCの直前のファンシーハルター特別では【7枠右】11番ハナリュウセイで落馬をする。

ことに対し、落馬は障害レースにお似合いなわけですが、

================
□中山グランドジャンプ
1着 【7枠右】7番オジュウチョウサン石神
2着 2枠 2番サナシオン西谷【逃げ馬】
3着 3枠 3番メイショウアラワシ森一
================

と形であり、同じサインを使う時は出目も使うのですから、先ほどの「ブラック」「セイウン」を使う皐月賞は、必然的に中山グランドジャンプの出目を使うのは必至でしょう。



さらに「8枠から1枠へのズレは元8枠レースの継続」である時、このレースの大事な大事な1枠1番ドレッドノータスはスプリングSの8枠大外からズレた馬。
ですので、

================
□スプリングS(11頭立て)
1着 1枠 1番【マ】ウントロブソン/シュタルケ(前走500万下特別あすなろ賞1着馬)
2着 4枠 4番【マ】イネルハニー柴田大(前走500万下特別フリージア賞1着馬)
3着 8枠右10番ロードクエスト池添
馬連01-04 3,390円
================

●出目の1枠1番(12番)-4枠4番(15番)-8枠右10番。
●「ウマのサイン」を構成する【マ】の馬名が1・2着しているのだから、皐月賞も同様に「ウマのサイン」を構成する【マ】カヒキ・アドマイヤダイオ【ウ】・【マ】ウントロブソン・【ウ】ムブルフの4頭。
●スプリングSのモウカッテル藤田菜は「モウカッテル=儲かっている=そこそこの配当」に対する馬連3,390円という結果を作り、ブラックバカラ藤田菜・セイウンチカラ藤田菜もスプリングSのモウカッテル藤田菜と同様に5枠or5番に置かれ、そして「ブラック=ヤクザ的なイメージ」「セイウン=ニシノ=昔からの高配当のイメージの馬主」である以上、そこそこの配当になる可能性。
●この皐月賞の8枠大外が前走重賞1着馬であるディーマジェスティであり、スプリングSが前走500万下特別1着馬の1・2フィニッシュなのだから、この皐月賞も少なくとも1頭は前走重賞1着馬。

と言ったことには注目せねばならぬでしょう。



さらにさらに先週の桜花賞は、今春、北海道新幹線が函館まで開通され、その次は札幌まで延伸されることが期待されている時、

================
□札幌2歳S
1着 【7枠右】11番アドマイヤエイカン岩田康
2着 【6枠左】12番プロフェット/ルメール
3着 3枠左4番クロコスミア勝浦
-↓↓↓---------
□桜花賞
1着 【7枠右】13番ジュエラー/M.デムーロ(ジュエラーは『光り物』の馬名)
2着 【6枠左】12番シンハライト池添(シンハライトも『光り物』の馬名)
3着 5枠左10番アットザシーサイド福永
================

このように「函館」→「札幌」といったように少し先の交通の話題を使ったわけでした。
ならば「中山」の少し先にある「東京」の最近の交通の話題はと言えば、新宿駅に出来たバスタ新宿のオープン。

================
□マーチS
1着 2枠左4番ショウナンアポロン松岡
2着 2枠右3番【バスタ】ータイプ内田博
3着 4枠左8番ドコフクカゼ石川
================

【バスタ】新宿にお似合いの【バスタ】ータイプが馬券になったこのマーチSの出目も必須でしょう。



以上、

●ブラックバカラ藤田菜の「ブラック」
●セイウンチカラ藤田菜の「セイウン」にお似合いのセイウンスカイの1998年皐月賞
●同じサインを使う時は出目を使うはずである時の土曜日の中山グランドジャンプの出目である7枠右7番-2枠2番-3枠3番
●スプリングSの【マ】馬名、前走重賞1着馬
●【バスタ】ータイプのマーチSの出目である2枠左4番-2枠右3番-4枠左8番

が重なるのは、

「ブラックの2枠」
「セイウンスカイの2枠右3番」
「中山グランドジャンプの2着の2枠」
「【マ】馬名であり、前走重賞の報知杯弥生賞1着馬であるマカヒキ」
「マーチSの【バスタ】ータイプの2枠右3番」

に当たる2枠右3番マカヒキ川田。
馬券はここから買うことにします。



相手ですが、昨年末に5文字馬名のフジキセキが死んだせいなのか、

================
フェブラリーSはフジキセキ産駒であるカネヒキリ自身のポジションの7枠左14番を使う。
高松宮記念はマサラッキのポジションの2枠左4番を使う。
そして先週の桜花賞はテイタニヤのポジションの3枠右5番を使うと思いきや、テイタニヤが相手に連れてきた12番を使う。
================

といったように、今年のGIレースは過去に5文字馬名が1着になった時の出目を使うシリーズになっています。
ならば、この皐月賞で5文字馬名が1着になったのは、

================
□2013年/皐月賞
1着 4枠右7番ロゴタイプ/M.デムーロ
2着 7枠中14番エピファネイア福永(母シーザリオ)
3着 6枠左12番コディーノ横山典
================

3年前のロゴタイプ。
ですからこのデータには注目なのですが、

●フェブラリー(ストレートに使う)→高松宮記念(ストレートに使う)→桜花賞(相手方を使う)と、先週の桜花賞の『起承転結』の『転』に於いては、「1着ではなく2着を使った」という変化の兆しが感じられる。
●この皐月賞はそのロゴタイプの4枠右7番には同じ5文字馬名のウムブルフが置かれ、その馬名の意味は、まさしく『大変革・大改革』である。

とキーワードは「変化」なのですから、皐月賞では変化球を意識しなくてはならないでしょう。
というわけで、先週の桜花賞がテイタニヤの相手である12番を使ったことを大事にするならば、

●注目すべきはロゴタイプの相手である7枠中14番エピファネイア福永(母シーザリオ)。
●先週までは出目を使っていたから今週も7枠中14番かもしれぬが、変化なのだから『起承転結』の『転』と『結』が同じになることは考えにくい。
●ということは、エピファネイア福永(母シーザリオ)の要素であるアドマイヤダイオウ福永か、リオンディーズ(母シーザリオ)か。
●もっと変化を考えるならば、エピファネイア騎手・福永の『同枠』であるマカヒキを馬券軸としてチョイスをし、この皐月賞に向かってのトライアルである報知杯弥生賞では2頭のフジキセキが馬券になったのだから、マカヒキの相手にはもう1頭のエピファネイア(母シーザリオ)であるリオンディーズ(母シーザリオ)の『同枠』となるディーマジェスティかアドマイヤモラールのどちらかか。

を意識した方が良いかもしれません。



また「8枠から1枠へのズレは元8枠レースの継続」である時、1枠1番ドレッドノータスの前走スプリングSは、

================
□京都2歳S
1着 【4枠 4番】ドレッドノータス武豊
2着 【1枠 1番】リスペクトアース戸崎圭
3着 3枠 3番アドマイヤエイカン岩田康
-↓↓↓---------
□スプリングS
1着 【1枠 1番】マウントロブソン/シュタルケ
2着 【4枠 4番】マイネルハニー柴田大
3着 8枠右10番ロードクエスト池添
================

8枠大外に置かれていたドレッドノータスの前走出目のド一発。
ということはこの皐月賞も8枠大外ディーマジェスティの前走出目に注目しても良いわけで、

================
□共同通信杯
1着 4枠 4番ディーマジェスティ蛯名
2着 8枠右9番イモータル戸崎圭
3着 6枠 6番メートルダール/ルメール
================

1着の4番にしても、2着の8枠にしても、そのいずれもが4番アドマイヤダイオウ福永、8枠右リオンディーズ/M.デムーロ、8枠中アドマイヤモラール内田博、8枠左ディーマジェスティ蛯名が説明付くのでした。



ただしスプリングSの「そこそこ配当」「前走1着馬同士」の説明が付かない8枠中17番アドマイヤモラール内田博は完全に不要だと思いますし、8枠右16番リオンディーズ/M.デムーロの低配当馬券もイヤイヤながら買うといったところです。
勝負馬券は、

●【バスタ】ータイプが馬券になったマーチSの枠連2-2か。
●藤田菜七子がラジオのレースのラジオ福島賞でセイウンチカラに乗っていたのだから、セイウンスカイが馬券になった1998年皐月賞の「セイウンのポジションである1着」と「ラジオにお似合いの聴取率調査週間の意味を持つ『スペシャルウィーク』のポジションである3着」の組み合わせになる2枠右3番-8枠左18番か。

このどちらかとしますが、果たして上手く行ってくれるでしょうか。

================
馬連:
03-04(30%)
03-18(20%)☆★☆馬連6,220円的中!☆★☆
03-16(50%)
================
三連単:
03→04,16,18→04,16,18
04,16,18→03→04,16,18
以上12点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:74/282 《前のページ | 次のページ》
/282