新着順:71/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

競優牧場の牧場主が有罪となったから、タケシバオーたちが仇を討つ

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2016年10月18日(火)07時57分31秒
  通報
 

■2016年10月9日(日) 第67回毎日王冠(GⅡ)


土曜日のサウジアラビアロイヤルカップの6枠6番ブレスジャーニー柴田善を見て、

「あれ? これプレクラスニーの『姿煮』なんじゃない? もしかすると同じカップタイトルの関係でプレクラスニーのエプソムカップの出目なんじゃない?」

と思っていると、

================
□1991年/エプソムC
1着 【6枠】右6番プレクラスニー江田照
2着 【7枠】左9番メイショウビトリア岡部
3着 5枠 5番トウショウバルカン角田
-↓↓↓---------
□サウジアラビアロイヤルカップ
1着 【6枠】 6番ブレスジャーニー柴田善
2着 【7枠】 7番ダンビュライト/ルメール
3着 3枠 3番クライムメジャー/M.デムーロ
================

枠連6-7のドンズバで、馬連・三連単ゲット。



ならばこの毎日王冠の出馬の囲い込みが、

1枠1番ヒストリカル横山典(馬名の意味は「歴史」)(横山典・音無師のコンビで思い出すのは天皇賞(秋)馬カンパニー)
8枠大外ロサギガンティア北村宏(馬名の意味は「バラ族の種」で、少し派手目の馬名)(北村宏・藤沢師のコンビで思い出すのは天皇賞(秋)馬スピルバーグ)

と「歴史ある名馬の、秋のレースを想起しろ。そのデータが派手目に絡むぞ」と言っている以上、「その名馬は何か」「秋のレースは何か」が判れば獲ったも同然だと思います。



問題は「それをどう解くか」なのですが、

●土曜日の勝馬ブレスジャーニーは、過去の毎日王冠の勝馬プレクラスニーを想起させつつ、ブレスジャーニーの生産牧場の競優牧場は競走馬を撃ち殺したことで今週牧場経営者が有罪判決になったことがニュースになり、その競優牧場の生産馬としては1969年毎日王冠を勝ったタケシバオーが一番有名であること。
●大事な大事な1枠1番ヒストリカル横山典は追悼のレースとして有名な毎日杯(お線香の毎日香を思い出させるから)の勝馬であり、このレースの6枠の馬名の頭文字が「アダ」になっている以上、競優牧場の生産馬であるタケシバオーが、牧場主有罪決定記念というわけで仇をとってもいいだろうこと。
●また出馬の囲い込み、

1枠1番ヒストリカル横山典(毎日杯勝馬)
8枠大外ロサギガンティア北村宏(少し派手目の馬名)

からは、ヒストリカルの毎日杯の出目のドンズバは有り得るだろうこと。

を意識していれば良さそうです。



と言うわけで必要なのは、

================
□1969年/毎日王冠(ダート2,100m)
1着 2枠 2番タケシバオー古山(1番人気)
2着 5枠 5番ツナエーコウ丸目(7番人気)
3着 1枠 1番ライトワールド吉永正
================
================
□2012年/毎日杯
1着 5枠右6番ヒストリカル安藤勝
2着 7枠左11番マウントシャスタ池添
3着 4枠右4番スピルバーグ四位
================

このデータ。
またタケシバオーの毎日王冠がダート2,100mだったわけですから、土曜日の東京6R、

================
□土曜/東京6R(ダート2,100m)
1着 7枠左13番リキサンダイオー村田
2着 5枠左9番ノワールギャルソン吉田豊
3着 6枠右10番バイオンディップス田中勝
================

のデータも参考になりそうですね。



この中からチョイスするのは、

●1番人気で毎日王冠を勝ったタケシバオーだから、1・2番人気を分け合っている6枠右7番アンビシャス/ルメールか、7枠左10番ルージュバック戸崎圭のどちらかは絡みそう。
●タケシバオーは「異彩を放つ馬」「クラシック戦線2着馬(皐月賞2着、日本ダービー2着)」だったけれど、この毎日王冠の「一番異彩を放っている馬は、唯一の牝馬ルージュバック」「ルージュバックはクラシック2着馬(オークス2着)」であること。
●ヒストリカルの毎日杯が説明付くのは7枠左のルージュバックであること。
●ダート2,100mの1着馬がタケシバオーなのだからダート2,100mのデータも1着ポジションをチョイスせざるを得ないときに、土曜・東京6Rで1着だったのは7枠左であること。

以上の理由で7枠左10番ルージュバック戸崎圭とすることにしました。



相手ですが、TVCMの演出は「3すくみ」「それをさっと取り上げる」なのですから、

●このレースで目立つのは、3番クラレント、7番アンビシャス、6枠左ダノンシャークが去年と同じポジションなのだから、これは「3すくみ=3頭の動かない同士」とみなせること。TVCMで3すくみになっているのはJRAを代表するタレントさんなのだから、この中から選べそうなのはアンビシャス/ルメールの「人気サイド」「選ばれて凱旋門賞に出走したルメール」だろうこと。
●去年の3すくみを「さっと取り上げられる」のは去年の入着要素なのだから、

================
□2015年/毎日王冠
1着 8枠左13番エイシンヒカリ武豊
2着 4枠右4番ディサイファ四位
3着 5枠右6番イスラボニータ蛯名
================

去年の1着騎手であり、去年の2着馬であり、去年の3着枠位置である5枠右5番ディサイファ武豊。

この2頭だけを考えていれば良いのではないでしょうか。



●土曜・東京6Rのドンズバ(7枠左13番-5枠左9番-6枠右10)が有り得るならば、また「サインが共通するときは出目も共通する」を地で行って同じ競優牧場のリベンジでサウジアラビアロイヤルカップのドンズバ(6枠6番-7枠7番-3枠3番)が有り得るならば、6枠右7番アンビシャス/ルメール。
●タケシバオーの毎日王冠のドンズバ(1番人気・異彩馬・クラシック戦線2着馬-5枠-1枠)が有り得るならば、またヒストリカルの毎日杯のドンズバ(5枠右6番-7枠左11番-4枠右4番)が有り得るならば、5枠右5番ディサイファ武豊。

ということもありますね。



馬連2点勝負。
幸運を祈りましょう。

================
馬連:
05-10(50%)
07-10(50%)☆★☆馬連800円的中!☆★☆
================
三連単:
10→05,07→02,05,07,09
05,07→10→02,05,07,09
以上12点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:71/282 《前のページ | 次のページ》
/282