新着順:68/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

再来年年末のビッグイベントである「天皇陛下の退位、浩宮様への譲位」を考えてみる京成杯

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2017年 3月16日(木)19時08分5秒
  通報
 

■2017年1月15日(日) 第57回京成杯(GⅢ)


今年(2017年)のテーマの1つは、

「再来年年末から年明けにかけてのビッグイベントである『現・天皇陛下が退位され、その地位を浩宮様に譲位されること』」

の先出し。
だからこそ、昨年末の、

●阪神JF
●朝日杯FS
●ホープフルS

に於いて、以前はシンボリルドルフ(馬名の意味が「象徴・皇帝」であり、グレード制前と後の「後」の方の象徴馬)の調教助手だった藤沢和雄師が3連勝したのですから、京成杯当日の本日は天皇賞(秋)馬のモーリスの引退式がある以上、「人間の身分」といった側面で考えるのは当然の話だと思います。



ならばこの京成杯の出馬の囲い込み、

1枠1番サーベラージュ柴山雄(馬名の意味は「19世紀のフランスで兵士の無事と勝利を願うために始められた儀式」)
8枠大外(外)バリングラ石橋脩(馬名の意味は「世界最大の一枚岩マウントオーガスタスのオーストラリア先住民の呼名」)

の「兵士」「先住民」からイメージ出来る「人間の身分」とは、ズバリの『平民』。
その『平民』に対して、昨年末の葉牡丹賞・ホープフルSを連勝したレイデオロ(藤沢師)の馬名の意味は「黄金の王」なのですから、その相手方こそが王に対してひれ伏す『平民』だというわけで、

●葉牡丹賞の2・3着馬であるコマノインパルス田辺orアサギリジョー石川
●ホープフルSの2着馬であるマイネルスフェーン/シュミノー

の3頭は外せないところでしょう。



問題はどれをチョイスするかですが、「天皇陛下の退位・浩宮様の即位」という平成から新元号へという時代の変化、及び出馬の囲い込み「兵士」「先住民」、そして京成杯の「成」の字からイメージ出来るのは、「平成の『成』の字」「成田の『成』の字」「兵士・先住民にお似合いの『無頼者』の『ブライ』」を持つナリタブライアン。
そのナリタブライアンのこの京成杯にお似合いの15頭立てレースはと言えば、

================
□1994年/菊花賞(15頭立て)
1着 3枠右4番ナリタブライアン南井
2着 7枠右12番ヤシマソブリン坂井
3着 5枠右8番エアダブリン岡部
================

であり、もう一度この京成杯の出馬の囲い込みをチェックしてみると、

1枠1番サーベラージュ柴山雄(堀宣行師)は菊花賞3着馬(外)ロックドゥカンブ柴山雄(堀宣行師)を思い出す
8枠大外(外)バリングラ石橋脩は、その後天皇賞(春)を石橋脩で勝つことになる菊花賞3着馬ビートブラックを思い出す

と「菊花賞3着」が読み取れるのですから、単純に3着のデータである5枠右8番に当たるコマノインパルス田辺から買うことにしました。



相手ですが、年末のGIで阪神JF・朝日杯FSが藤沢和雄師が連勝していた以上、

●先週のフェアリーSで1着だったライジングリーズンの奥村武師の管理馬であるイブキ(奥村武師)が意味を持つのか。その場合、このレースのテーマは『平民』なのだから、奥村武師という王様が馬券になると言うよりは、その両サイドが『平民』だろうというわけで、イブキ(奥村武師)の両サイドに注目なのか。
●先週のフェアリーSのテーマだったテレビ東京・ウィニング競馬の新キャスター・柴田阿弥に対し、先週のフェアリーSは1枠1番柴山雄の「柴」の字と7枠左14番柴田善の「柴」の字の「枠連1つ空き」を使って枠連2-8だったのだから、このレースの1番~3番が「柴」の字の連荘になっている以上、連荘にお似合いのゾロ目・接触目となるのか。

は意識しなくてはならないでしょう。



また昨年より、京成杯に「土地レース&杯」という意味でお似合いの愛知杯がこの週に移設されたならば、昨年は、バウンスシャッセ(王様をたくさん輩出する藤沢和雄師【!!】)の2枠左4番の枠位置の2枠左と4番が一発だったのでしたから、今年も、

================
□愛知杯(15頭立て)
1着 6枠左11番マキシマムドパリ岩田康
2着 3枠右4番(地)サンソヴール津村
3着 1枠 1番クインズミラーグロ藤岡康
================

のデータや、出目の間隔をもらうのかも意識しなくてはならないでしょう。



以上の説明が付くのが、

●6枠左11番ガンサリュート北村友(枠連5-6のゾロ目・接触目、昨年と同様の愛知杯の1着の出目に当たる)
●3枠右4番ポポカテペトル戸崎圭(イブキ(奥村武師)の左サイド、且つ愛知杯の2着の出目に当たる)
●2枠右2番マイネルスフェーン柴田大(イブキ(奥村武師)の右サイド、且つ愛知杯の枠連3-6の出目の間隔にお似合いの枠連2-5を構成することになる)

この3頭。



この中からは、

●4枠がサッカーの長友の結婚を祝福するような牝馬の同居且つアモーレ馬名である以上、サッカー選手にお似合いのコマノが「長友、結婚おめでとう」の祝砲(ガンサリュート)を鳴らすと言う意味で、コマノインパルスとガンサリュートの組み合わせ。
●ナリタブライアンにお似合いの平民と来れば、成田屋(市川海老蔵)であり、4枠が牝馬の同居且つアモーレ馬名である以上、ガンに冒された奥様のことは意識せねばならぬはず。ナリタブライアンの菊花賞の3着の相手には、イヤな言葉ではあるが「ガン」サリュートというのも「平民」の生活の縮図を表現することになる。

と言う意味で、特に馬連08-11を強調してみたいのですが、果たしてそんなことになることはあるのでしょうか。



自分たちの馬券の幸運を祈りつつ、色々な人の人生の悲喜こもごもを考えてみたい京成杯です。

================
馬連:
08-11(40%)☆★☆馬連2,580円的中!☆★☆
04-08(30%)
02-08(30%)
================
三連単:
08→02,04,11→01,02,04,11☆★☆三連単23,040円的中!☆★☆
02,04,11→08→01,02,04,11
以上18点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:68/282 《前のページ | 次のページ》
/282