新着順:66/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

不正会計で話題の「東芝(府中事業所)」と、TVCMのおまじない「右が判れば、自ずと左も判る」から解いてみるフェブラリーステークス

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2017年 3月16日(木)19時17分48秒
  通報
 

■2017年2月19日(日) 第34回フェブラリーステークス(GⅠ)


4枠左8番デニムアンドルビー内田博の隣枠は、最低でも1頭は、もしかしたら2頭とも絡む可能性が大なサインが2つ有ります。
「もう一つの可能性」を付記しながら、以下説明しますね。


1つは、東京競馬場がある府中には、会計関連の不祥事で世間を大いに賑わせている東芝の府中事業所があり、この出馬の囲い込み、

1枠1番サウンドトゥルー柴田善(木曜日まで騎手が決まらなかったゴタゴタがあった馬、且つサウの書き出しに柴田善とくれば(外)サウスヴィグラスを思い出し、サウス=南と東芝=東の隣同士の関係から「『東』芝要素の隣を探せ」と暗号的には解釈出来る)
8枠大外インカンテーション藤岡康(インカンテーションは「印鑑」だから、東芝のような大企業の会計関連不祥事を解決するために必要なアイテムである)

からは「単純に東芝の隣」と読めるからです。
ならば同じ東京競馬場の土曜日のダイヤモンドSは、

================
□ダイヤモンドS
--
    2枠左3番「トー」センレーヴ/フォーリー
【2着】3枠右4番ラブラドライト酒井
--
【1着】7枠右12番アルバート/ムーア
    8枠左15番「トウ」シンモンステラ内田博
================

東芝の「トー」「トウ」にお似合いの枠連の隣枠が1・2着に。
ということはフェブラリーSも東芝を表現出来る要素を探してその隣枠に注目すれば良いと思うのですが、4枠左8番デニムアンドルビー内田博は東京芝の優駿牝馬を3着したことがある「東芝」の存在。
ですので、単純にこの隣枠には注目でしょう。
付記するならば、このレースの6枠左12番(地)ニシケンモノノフ横山典が「西」ならば、東芝の「東」はその対極となる3枠右5番。
東芝の隣ということならば、3枠右5番の近辺も追ってみても良いかもしれませんね。


もう1つのデニムアンドルビーは、フェブラリーSに向けてのTVCMは男二人と女二人のデニムが似合う若者たちが主役。
そんな時、このレースの出馬の囲い込みは、

1枠1番サウンドトゥルー柴田善(サウンド馬名だから音声が大事。そして馬名の意味は「本当らしい、本物らしい」)
8枠大外インカンテーション藤岡康(馬名の意味は「呪文、呪術」)

ですから、TVCMに於いても「本物・本当っぽく聞こえるおまじないのような音声」を大事にすれば良いでしょう。
ならばあのTVCMに於ける「おまじないの音声」は、

『右が判れば、自ずと左も判る』

のデニムが似合うような若い女性から発せられたセリフ。
ということは、フェブラリーSに於いてデニムアンドルビーがサインになるならば、日曜・関東・フェブラリーSに対するサインレースである土曜・関西・京都牝馬Sに於いては女性のデニムの逆である男性の松坂桃李の「松」がサインになるべきである時、

================
□京都牝馬S
--
    4枠左8番ムーンエクスプレス「松」山
【1着】5枠左10番レッツゴードンキ
--
【2着】7枠左15番ワンスインナムーン石橋脩
    8枠右16番ラインハート「松」若
    8枠左18番ウインファビラス「松」岡
================

「松」の隣枠がド一発でサインになっていたのですから、

================
□フェブラリーS
--
3枠右5番アスカノロマン和田
3枠左6番(外)モーニン/ムーア
--
4枠左8番「デニムアンドルビー」内田博
--
5枠右9番(外)ベストウォーリア戸崎圭
5枠左10番カフジテイク津村
================

デニムアンドルビーの両隣枠はとても大事にするべきかもしれません。
付記するならば、京都牝馬Sは「松」という男性象徴の隣枠同士が馬券になったのですから、フェブラリーSにもう1頭出走している牝馬の1枠左2番ホワイトフーガの隣枠も大事にするべきかもしれませんね。



というわけで、いずれにしてもデニムアンドルビーの隣枠である3枠or5枠からまずは何をチョイスするかですが、出馬の囲い込み、

1枠1番サウンドトゥルー柴田善(騎手の乗り替わりというゴタゴタがあった)
8枠大外インカンテーション藤岡康(藤岡康は東京の日本ダービーの前哨戦であるNHKマイルCをジョーカプチーノで勝っている騎手だから、「東京」のゴタゴタも大事)

からは、

今夏の東京都議選の前哨戦と言われた千代田区長選の「小池VS内田」を制した小池サイド
東京の一番の問題となっている豊洲問題に於ける「小池VS石原」を制しつつある小池サイド

と「小池」が読めますから、

================
□フェブラリーS
--
4枠右7番ブライトライン「石」橋脩
4枠左8番デニムアンドルビー「内田」博
================

「石原の石」「内田」の隣に置かれた「小池」を大事にすべきだと思います。
ならば5枠右9番(外)ベストウォーリアの戸崎圭は、昨夏小池旋風が巻き起こっていた時に重賞の連対記録を作り続けていた、いわゆる「小池」をシンボリックに表現してる騎手。
デニムアンドルビーが内田博だからこそ、戸崎圭の小池が馬券になっても良いと思います。



また、東芝は会計不祥事で株の世界を大きく賑わせていて、株の馬と言えば、

●シゲルの森中蕃氏は証券会社社長
●その森中蕃氏のもう一つの冠であるブルベアは、相場の強気(ブル)弱気(ベア)が由来

である時、本日の同じ東京マイルダートのヒヤシンスSでは、

================
□ヒヤシンスS
4枠右6番シゲルベンガルトラ岩田康
5枠左9番ブルベアバブーン横山典
8枠左15番シゲルコング内田博
================

の3頭が出走しています。
このうち、5枠左9番ブルベアバブーンは、GIの朝日杯FSにも出走するも最下位で「弱気(ベア)」が強調された馬ですし、実際の東芝の株は株の不祥事を受けて下がりっぱなし(弱気)なのですから、東芝の会計不祥事が世間を賑わせた2月を表現するフェブラリーSにはお似合いです。
5枠左or9番を指すのは間違いが無いところでしょう。



ということは5枠でもより人気サイドの5枠左10番カフジテイク津村をどうするかなのですが、今春は武幸四郎が引退であり、武幸四郎のダートのレースと言えば、

================
□2000年秋/東京中日スポーツ杯根岸S
1着 7枠右13番(外)ブロードアピール武幸
2着 3枠右5番(外)エイシンサンルイス太宰
3着 2枠右3番(外)ノボジャック勝浦
================
================
□2001年初春/根岸S
1着 7枠左12番(外)ノボトゥルー/ペリエ
2着 4枠左6番サンフォードシチー村山
3着 7枠右11番(外)ブロードアピール武幸
================

特に怒濤の追い込み勝ちで伝説のレースとして知られている2000年秋の東京中日スポーツ杯根岸Sを思い出す時、カフジテイクは前走の根岸Sで(外)ブロードアピール武幸ばりの怒濤の追い込み勝ちをし、2000年秋の東京中日スポーツ杯根岸Sの2・3・1着の出目を一発で使った以上、今回は続く2001年初春の根岸Sのパターンには注目でしょう。
そうすると、2001年初春の根岸Sは上記データを見れば判るように、(外)ブロードアピールの同枠(隣)が1着。
ということは日曜・関東・フェブラリーSのサインレースである土曜・関西・京都牝馬Sも、

8枠中17番(外)フィドゥーシア武幸

の(外)ブロードアピール主戦騎手であった武幸の隣が馬券になってるかチェックをすれば良いわけですが、7枠左15番ワンスインナムーン石橋脩が2着に。
ということは、これをもって(外)ブロードアピールとニアリーイコールになるカフジテイクもその近辺を馬券にさせる……つまりは5枠ならば5枠右9番(外)ベストウォーリア戸崎圭を馬券にさせるということでよろしいのではないでしょうか。



相手ですが、土曜日に突然飛び込んできたニュースは、2002年フェブラリーSで、

================
□2003年/フェブラリーS
1着 3枠右5番ゴールドアリュール武豊
2着 4枠左8番ビワシンセイキ横山典
3着 4枠右7番(外)イーグルカフェ/M.デムーロ
================

この出目を作ったゴールドアリュールの死亡。
このような時は、単純に、

●ゴールドアリュール武豊が勝った3枠右5番自身か、その近辺。
●ゴールドアリュール武豊の関係者である2枠右3番ゴールドドリーム/M.デムーロ(ゴールドアリュール産駒)か2枠左4番コパノリッキー武豊(ゴールドアリュール産駒)の自身か、その近辺。

には注目でしょう。



そして今週は、

●北朝鮮の金正男が暗殺されたというニュースがあったのだから、金正男にお似合いのゴールドドリームが馬券になるか。
●ジャズの名歌手アル・ジャロウが亡くなったというニュースがあったのだから、そのアル・ジャロウの名曲モーニンから名前を頂戴した(外)モーニンが馬券になるか。
※参考 https://www.youtube.com/watch?v=kzXNdLVZs3k

はしてくれることでしょう。



その両方の説明つく2枠右3番ゴールドドリーム/M.デムーロか3枠左6番(外)モーニン/ムーアに2点流したいと思うのですが、

●デニムの女性が「右が判れば、自ずと左も判る」と言っており、デニムアンドルビーの隣に当たる5枠右9番(外)ベストウォーリア戸崎圭(石坂師)の(外)の石坂師をチョイスしている以上、同じ(外)で石坂師の(外)モーニンも自ずと買わねばならぬのではないか。
●ヒヤシンスSのブルベアバブーンの9番をチョイスする以上、そしてヒヤシンスSのシゲルベンガルトラとシゲルコングは昨秋のトランプショックの直前にオキザリス賞で1・2着になったある種の株の強気・弱気を表現する馬である以上、このシゲルのどちらかさえフェブラリーSを教えてくれる可能性がある。そのシゲルベンガルトラの6番が(外)モーニンに当たる。

というわけで、心持ち、3枠左6番(外)モーニン/ムーアに期待したいと思うのですが、果たしてそんなことになってくれるでしょうか(←余計な一言でしたが、ま、こんなもんです)。



というわけで馬連2点勝負。
幸運を祈りましょう。

================
馬連:
03-09(50%)☆★☆馬連1,470円的中!☆★☆
06-09(50%)
================
三連単:
09→03,06→03,04,06,10,13
03,06→09→03,04,06,10,13☆★☆三連単9,240円的中!☆★☆
以上16点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:66/282 《前のページ | 次のページ》
/282