新着順:65/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

韓国大統領の朴槿恵氏の罷免というニュースがあったならば、おや、出馬が『パク』に囲い込まれていたりとかの中山牝馬ステークス

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2017年 3月16日(木)19時21分25秒
  通報 編集済
 

■2017年3月12日(日) 第35回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)


今週は韓国大統領の朴槿恵氏が罷免というニュースが。
そんな時、この出馬は、

================
1枠右1番【【ク】イン】ズミラーグロ蛯名
1枠左2番【ハ】ピネスダンサー内田博(メイショウサムソン産駒)
7枠左フロンテア【クイーン】(メイショウサムソン産駒)
8枠大外【パ】ールコード川田
----------------
朴槿恵氏にお似合いの馬名の頭文字の【パク】
女帝である朴槿恵氏にお似合いの【クイーン】
韓国の不祥事アイテムであるメイショウ【サムソン】産駒
================

に囲い込まれているのですから、単純にこの近辺から馬券軸を探してやれば良いでしょう。



ならば日曜・関東・中山牝馬Sのサインレースである土曜・中京・金鯱賞は、

================
□2016年末/金鯱賞
1着   【8枠】左13番【ヤマカツエース池添】
2着   【3枠】 3番パドルウィール松山
3着同着 【4枠左】5番シュンドルボン丸田
3着同着 5枠左7番サトノノブレス/シュミノー
-↓↓↓---------
□2017年/金鯱賞
1着 【3枠】左6番【ヤマカツエース池添】
2着 【8枠】右15番ロードヴァンドール太宰
3着 【4枠左】8番スズカデヴィアス藤岡祐
================

昨年末の金鯱賞の馬・出目がストレートに使われており、特に土曜の1着馬ヤマカツエース池添は、昨年末レースの2着の出目を使い、昨年末レースの1着馬が馬券になるというスタイル。
ということは、

================
□2016年末/ターコイズS
1着 5枠左10番マジックタイム/ルメール
2着 7枠右13番レッツゴードンキ岩田康
3着 1枠右1番カフェブリリアント戸崎圭
================

昨年末のターコイズSの1着馬マジックタイム/ルメールが、昨年末レースの2着の出目である7枠右13番に入っており、しかも、
【パク】
【クイーン】
【メイショウサムソン産駒】
の近辺であり、その上、罷免の朴槿恵氏にお似合いなようにこのレースが引退と言われているマジックタイムである以上、ここから買うというので仕方が無いのではないでしょうか。



相手ですが、日曜・関東メイン・中山牝馬Sのサインレースである土曜・関西・仁川Sは、

================
□阪神6R
1着 【7枠】左11番(外)マテラスカイ川又(2番人気)
2着 【6枠】右9番テイエムチェロキー中谷(4番人気)
3着 【8枠】右12番アードラー北村友(6番人気)
================

東日本大震災の3月11日当日に福島県川俣町にお似合いの川又騎手が勝ったレースの出目が、

================
□阪神メイン/仁川S
1着 【7枠】 7番グレイトパール和田
2着 【6枠】 6番コスモカナディアン柴田大
3着 【8枠】左9番マテンロウボス浜中
================

1点で絡んだのですから、中山牝馬S自体に置かれている福島アイテムである、

2枠左4番トーセンビクトリー武豊 ※宮城の馬主且つ東日本大震災年の天皇賞(秋)で1着させてもらえたトーセンジョーダン/ピンナのいわゆる福島関連アイテム
3枠右5番シャルール横山典 ※昨春の福島牝馬S2着馬

の「自身」か「その近辺」が馬券になる可能性が大でしょう。



また同じ日曜・関東メイン・中山牝馬Sのサインレースである土曜・中京・金鯱賞は、大事な大事な1枠1番に置かれていたルージュバック戸崎圭が昨春の中山牝馬S2着馬ならば、

================
□2016年/中山牝馬S
1着 8枠左16番シュンドルボン吉田豊
2着 【8枠右15番】ルージュバック戸崎圭
3着 【3枠左6番】メイショウスザンナ大野
================

出目がド・ストレートに金鯱賞に使われていたのですから、この中山牝馬Sに出走している過去の報知杯FR1着馬であるメイショウマンボ柴田善も、

================
□2013年/報知杯FR
1着 2枠左4番メイショウマンボ武幸
2着 1枠右1番ナンシーシャイン大野
3着 8枠左16番ティズトレメンダス川須
================

この出目を1つぐらいは使ってくれるでしょう。



以上が説明つくのは、トーセンビクトリー武豊・シャルール横山典の「自身」or「その近辺」と、メイショウマンボの2013年報知杯FRの2枠が重なる、2枠。



そんな時、株を触っていて最近気づくのは、フジテレビの競馬番組でもよく起用されるAKB48・秋元康氏の関連株であり、昨秋から投資家たちに注目されている「イグニス」というところに関係するアイテムが、最近は良くその近辺を連れてくることです。
それはこの中山開催の幕開けメイン・総武Sの7枠右13番センチュリオン(馬主・窪田芳郎氏(AKB48の黒幕))や、他にもレッドイグニスなんて馬をチェックしてみれば判ることでしょう。
ならば2枠でも人気サイドの2枠右3番ビッシュ戸崎圭(馬主・窪田芳郎氏)は、もしや同枠の人気が薄い方の2枠左4番トーセンビクトリー武豊を教えてくれるかも、などとスケベ心も(笑)。
いずれにしましても単純に2枠に向かっての『馬連2点等分勝負』で何とかなるんじゃないかと思っているのですが、果たして上手く行ってくれるでしょうか。



================
馬連:
03-13(50%)
04-13(50%)☆★☆馬連2,240円的中!☆★☆
================
三連単:
13→03,04→03,04,14,16
03,04→13→03,04,14,16
以上12点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:65/282 《前のページ | 次のページ》
/282