新着順:19/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【逆サイレンスス(ズカ)である菅(スガ)義偉氏のシステム】【筒美京平氏等の訃報のサイン】から考える天皇賞(秋)

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2020年11月 3日(火)00時15分19秒
  通報 編集済
 

■2020年11月1日(日)第162回天皇賞(秋)(GⅠ)


11月1日(日)12頭立ての天皇賞(秋)で誰もが思い出すのは、1998年に1枠1番サイレンススズカ武豊が散ったあのレース。
そうすると、あれは、

●夏の参議院選で希望の星となった民主党・菅直人氏に対し、夏の宝塚記念を楽勝したサイレンススズカ。
●11月に女性問題が噴出して評判が暴落する菅直人氏に対し、天皇賞(秋)で予後不良となったサイレンススズカ。

といったようにあの頃の政治情勢を反映していたわけです。
ならば今の政治情勢はと言えば、「菅直人=サイレンスス【ズカ】の【馬名の末尾が人名の先頭にひっくり返った逆スガ】」である菅【スガ】義偉氏が、菅直人氏とは【逆】の順風満帆な出だしであり、その【逆スガ】だということを、

================
□1998年/毎日王冠
1着 2枠 2番サイレンススズカ武豊
2着 4枠 4番(外)エルコンドルパサー蛯名
3着 7枠 7番サンライズフラッグ安田康
================
================
□2020年/毎日王冠
1着 7枠左9番サリオス/ルメール
2着 5枠 5番ダイワキャグニー内田博
3着 6枠左7番サンレイポケット荻野極
================

1998年サイレンスス【ズカ】の毎日王冠の枠連2→4を、今年の菅【スガ】義偉氏の毎日王冠の枠連7→5と逆転して保証書を付けたわけですから、この流れを大事にすれば良いでしょう。


問題は「流れは流れでも何を大事にすればいいの?」ですが、この天皇賞(秋)の大事な大事な1枠1番ブラストワンピース池添は毎日杯の勝馬なのですから、単純に毎日王冠との関係です。


そうすると1998年は、

================
□1998年/毎日王冠
1着 2枠 2番サイレンススズカ武豊
2着 4枠 4番(外)エルコンドルパサー蛯名
3着 6枠左8番サンライズフラッグ安田康
--↓↓↓--------
□1998年/天皇賞(秋)
1着 5枠左6番オフサイドトラップ柴田善
2着 7枠左10番ステイゴールド蛯名
3着 6枠左8番サンライズフラッグ安田康
競走中止 1枠 1番サイレンススズカ武豊
================

11月に女性問題が噴出して評判が暴落する菅直人氏に対し、毎日王冠枠連2-4が逆転しての天皇賞(秋)枠連5-7、毎日王冠のサイレンススズカは予後不良なのですから、【サイレンスススズカの馬名の末尾が人名の先頭にひっくり返った逆スガ】である菅【スガ】義偉氏は順風満帆な今年の場合は、毎日王冠のド・ストレートでしょう。

================
□毎日王冠
1着 7枠左9番サリオス/ルメール
2着 5枠 5番ダイワキャグニー内田博
3着 6枠左7番サンレイポケット荻野極
================

●出目の7枠左9番-5枠5番-6枠左7番がド・ストレートに絡む。
●毎日王冠【馬】のサイレンススズカは予後不良だが、毎日王冠【騎手】のルメールがド・ストレートに絡む。

そんなことを考えても良いと思います。


このうち出目の7枠左-5枠-6枠左ですが、5枠フィエールマン福永と7枠左スカーレットカラー岩田康が、

================
【1】
7枠左10番スカーレットカラー岩田康は、【スカ】ーレット【カ】ラーだから馬名が表現する菅【スガ】義偉氏である。
5枠左6番フィエールマン福永は、福永が正賞に内閣総理大臣賞を持つ菊花賞を勝ったという意味で内閣総理大臣・菅義偉氏である。

【2】
菅義偉氏は【秋田】の出身だが、

4枠 4番【ダ】ノンキングリー戸崎圭
5枠右5番ウインブライト松岡
5枠左6番フィエールマン福永
6枠右7番クロノジェネシス北村友
6枠左8番【キ】セキ武豊
7枠右9番【ア】ーモンドアイ/ルメール
7枠左10番スカーレットカラー岩田康
8枠右11番【ダ】ノンプレミアム川田

ともに【アキタ】の囲い込みが説明付く。
================

2つの意味で菅義偉氏にお似合いです。
この両頭から、「毎日王冠【騎手】のルメールがド・ストレートに絡む」、つまりは7枠右9番アーモンドアイ/ルメールに流してやれと言うのが私の馬券ですね。


また大事な大事な1枠1番ブラストワンピース池添がお線香にお似合いの毎日杯の勝馬であり、JRA本音枠である6枠がクロノジェネシス北村友・キセキ武豊の芸能レースである宝塚記念(宝塚歌劇団だから)の1・2着馬であり、乗っている騎手の北村友・武豊からは今年JRA顕彰馬となったキタサンブラック(北村姓の北村宏と武豊でGⅠ勝ち)を思い出し、そのキタサンブラックはと言えば昭和の大スター・北島三郎氏を思い出すのですから、

【1】先々週にお亡くなりになった日本の裏方の作曲家・筒美京平氏。
【2】今週土曜日にお亡くなりになったことがニュースとなった外国の表舞台の俳優・ショーン・コネリー氏。

は大事にしなければならないでしょう。


そうすると、土曜日のレースの流れは、

================
□アルテミスS
1着 7枠左14番【ソダシ】吉田隼
2着 3枠左6番【ククナ】/ルメール
3着 7枠右13番テンハッピーローズ田辺
================
================
□スワンS
1着 2枠左4番【カツジ】岩田康
2着 8枠左16番ステルヴィオ池添
3着 1枠左2番アドマイヤマーズ川田
================

アルテミスS・スワンSともに、筒美京平氏に曲を書いてもらうような昭和アイドルはと言えば、

南沙織【サオリ】
麻丘めぐみ【メグミ】
郷ひろみ【ヒロミ】

といったように3文字の名前でコールされるときが多いときに3文字馬名が馬券になっていますし、このレースのJRA本音枠の6枠右クロノジェネシスの「クロ」は「黒子」のことですから、筒美京平氏のような裏方さんが主役のはずです。


ならば8枠大外のディープインパクト&アパパネ産駒の三冠父・三冠母ジナンボーにお似合いであり、筒美京平氏のJRA競馬に於ける誰でも説明できるのはと言えば、

================
□2017年/シンザン記念
1着 【5枠左】【9番】【キョウヘイ】高倉
2着 8枠右14番タイセイスターリー武豊
3着 3枠左5番ペルシアンナイト/M.デムーロ
================

三冠馬レースであるシンザン記念で、ジナンボーにお似合いの5文字馬名である【キョウヘイ】が勝った【5枠左】及び【9番】でしょう。


それと日曜・関東・天皇賞(秋)のサインレースである土曜・関西・スワンSは、キョウヘイにお似合いのカツジが馬券になったことに対し、

1枠2番アドマイヤマーズ【川田】
8枠大外ステルヴィオ【池添】

【川田】【池添】の1枠・8枠がこのレースでは逆転した1枠・8枠配置なのですから、キョウヘイにお似合いのカツジで馬券になった【岩田康】が繋がる可能性もあるでしょう。


というわけで主役は裏方の筒美京平氏ですが、ならば表舞台の俳優・ショーンコネリー氏は裏方(サインになるか、主役の相手方となるか)になるはずです。


そうするとショーン・コネリー氏と言えば「007」が印象的ですけど、

●4枠4番ダノンキングリーは昨春ダービーにて、ロジャー(ムーア)バローズの相手方で7番で2着になった「007」関連馬。
●天皇賞(秋)に於ける007の「7」に纏わる名レースと言えば2008年「7」枠ウオッカ武豊(角居師)、「7」番ダイワスカーレットだけど、今天皇賞(秋)には、
キセキ武豊(角居師)
「ダイワ」キャグニー
「スカーレット」カラー
の関係馬。

だというわけで、

================
3枠 3番「ダイワ」キャグニー内田博
4枠 4番「ダノンキングリー」戸崎圭

【5枠左】6番フィエールマン福永

6枠左8番キセキ「武豊(角居師)」

7枠右【9番】アーモンドアイ/ルメール
7枠左10番「スカーレットカラー」【岩田康】
================

●主役のキョウヘイの【5枠左】【9番】をショーン・コネリー氏の「ダイワスカーレット」「ウオッカ(武豊・角居師)」「ダノンキングリーの007」がサポートするか。
●主役中の主役アーモンドアイ/ルメールの【9番】が裏方の相手として「スカーレット(天皇賞(秋)2着馬ダイワスカーレットの馬名後方のスカーレット)」を連れてくるか。

どちらかがあっても良いのではないでしょうか。


そして、そんな古い時代の裏方もしくは大俳優の死に対し、

●このレースの1枠1番ブラスワンピースの大竹師の大崎昭一騎手の肉親と6枠左武豊を見ると、1992年天皇賞(秋)の1枠左2番レッツゴーターキン大崎-6枠左12番ムービースター武豊を思い出し、あのレースの7枠中14番トウカイテイオーは1番人気で負けていたことに対し7枠右9番アーモンドアイは1番人気である。

●アーモンドアイは今春のヴィクトリアマイル&安田記念を、過去の(地)オグリキャップの安田記念&宝塚記念のポジションから1つズラした位置に置き、過去の(地)オグリキャップのレースを繰り返した。今回も1990年天皇賞(秋)に6枠単枠12番(地)オグリキャップをズラした7枠右に置いた。

●そしてルメールは馬のサイレンススズカの逆である騎手のサイレンススズカ=毎日王冠1着騎手でもあるわけです。

「トウカイ(東海)テイオー」
「(地)オグリキャップ(笠松馬)」
「サイレンススズカ(鈴鹿)」

の中京という共通性で括られた過去の名馬が馬券になれなかったシステムでイメージできるのは「シンザン(中京馬主協会の三冠馬)」のヘルプ。
アーモンドアイが、筒美京平氏にお似合いのキョウヘイのシンザン記念1着ポジションである【9番】と【5枠左】を使うというのは、もの凄く美しい光景のようにも思います。


以上の理由で天皇賞(秋)は馬連2点勝負。
すべては、

【サイレンスススズカの馬名の末尾が人名の先頭にひっくり返った逆スガ】である菅【スガ】義偉氏は順風満帆な今年の場合は、毎日王冠のド・ストレート(三連単も含め)

だと思っているのですが、果たしてそれは正解でしょうか。


================
◎連対馬A:
5枠左6番フィエールマン:福永
7枠左10番スカーレットカラー:岩田康
のどちらか。
----------------
◎連対馬X:
7枠右9番アーモンドアイ:ルメール
================
馬連:
06-09(70%)☆★☆馬連970円的中!☆★☆
09-10(30%)
================
三連単:
06,10→09→06,07,08,10
09→06,10→06,07,08,10☆★☆三連単4,130円的中!☆★☆
以上12点。
================


競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:19/282 《前のページ | 次のページ》
/282