新着順:12/282 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【平成の三四郎、古賀稔彦氏の訃報】等から考える高松宮記念

 投稿者:キムラハヤオメール  投稿日:2021年 3月30日(火)08時00分18秒
  通報
 

■2021年3月28日(日)第51回高松宮記念


高松宮記念は、

●高松宮宣仁親王は【スポーツ】、国際親善交流、厚生、美術工芸など、多岐にわたる活動を行った昭和時代の方。
●ケーバに於ける昭和の頃の記念レースへのサインアイテムは、【記念の念の字】を持つ小林稔調教師・大和田稔調教師。

であるとき、今週は【スポーツ】の名選手であり、【記念の念の字】を持つ柔道の古賀稔彦氏(佐賀県三養基郡みやき町出身出身)の訃報があったわけですが、このレースの出馬の囲い込み及びJRA本音枠である、

================
1枠1番アウィルアウェイ吉田隼【馬名意味「意志+道」だから「柔道一直線」のようなもの】

6枠右「カ」ツジ中井【馬名「カツジ」は九州馬主であるカナヤマHDが身内の「カツジさん」を偲んで付けた馬名、且つ岡田Sは先週急逝した岡田繁幸氏関連の「生産者」】
6枠左「セイ」ウンコウセイ幸【6枠右との馬名頭文字で「セイカ=聖火」を構成】【九州で生産された、つまり九州出身騎手の幸】

8枠大外ミッキーブリランテ和田竜【馬名「ミッキー=ミッキーマウスだから単純性を意味する」「ブリランテは輝く」】
================

からイメージできるのは、

●柔道一直線の九州出身・古賀稔彦氏の追悼。
●「聖火」「単純に輝く」なのだから、古賀稔彦氏の金字塔であるスペイン・バルセロナオリンピックに於ける71キロ級金メダルのキーワードである、
「金杯」
「スペイン」
「ケガをしての金メダルなるも、優勝候補=それなりの実力馬」
が必要。
●6枠が「九州で生産された、つまり九州出身の騎手」なのだから、
「6枠左12番幸(鹿児島県出身)」
「7枠右13番鮫島駿(佐賀県出身)」
「7枠中14番川田(佐賀県出身)」
「8枠右16番浜中(福岡県出身)」
の4騎手が絡む可能性は大。

だというわけで、

================
7枠右13番トゥラヴェスーラ鮫島駿【馬名意味が「スペイン語で腕白小僧」】【佐賀県出身騎手】
7枠中14番ダノンスマッシュ川田【2番人気】【佐賀県出身騎手】
--
8枠右16番レシステンシア浜中【1番人気】【福岡県出身騎手】
8枠中17番サウンドキアラ松山【2020年京都金杯1着馬の金メダリスト】
================

「スペイン」「金メダリスト」にサポートされた1・2番人気(=優勝候補であるそれなりの実力馬)のレシステンシア浜中、ダノンスマッシュ川田は最低でもどちらか一方は絡むことでしょう。


さらに高松宮記念はフェブラリーSとはセットレースであることはサイン会議に書きましたが、

https://6005.teacup.com/kimura/bbs/74963

フェブラリーSが故・志村けん氏のお誕生日である2月20日のダイヤモンドSの出目と騎手の一発だった以上、この出馬は故・古賀稔彦氏のことを言っている可能性が高いわけですから古賀稔彦氏のお誕生日である11月21日の東西メインである、

関東・奥多摩S
関西・アンドロメダS

のどちらかのデータは大事にすべきであり、このレースの出馬の囲い込み、

================
1枠1番アウィルアウェイ吉田隼【秋の京都の非・日曜日メインであるオパールSの1着歴有り】
https://db.netkeiba.com/race/201908040511/

8枠中サウンドキアラ松山【秋の京都の土曜メインである長岡京S1着歴有り】
8枠左ミッキーブリランテ和田竜【秋の京都の土曜メインである長岡京S2着歴有り】
https://db.netkeiba.com/race/201908040111/
================

は明らかに「非・日曜日メイン、関西、ステークス」がキーワードなのですから、単純に土曜日の関西のアンドロメダSの方のデータでしょう。

================
□アンドロメダS
1着 6枠左11番アドマイヤビルゴ武豊
2着 8枠右14番クラージュゲリエ川田
3着 4枠左6番(地)レイホーロマンス団野
================

レシステンシア浜中、ダノンスマッシュ川田は、

●レシステンシア浜中は8枠右が。
●ダノンスマッシュ川田は14番と川田が。

重なりました。


また、土曜日の追悼を意味する両重賞である日経賞(お経の経の字レースだから)・毎日杯(お線香の毎日香レースだから)は、

================
□2019年/秋華賞
1着 【3枠右】5番クロノジェネシス北村友
2着 【4枠左】8番カレンブーケドール津村
3着 7枠中14番シゲルピンクダイヤ和田竜
--↓↓↓--------
□日経賞
1着 【3枠右】4番ウインマリリン横山武
2着 【4枠左】7番カレンブーケドール松山
3着 2枠右2番ワールドプレミア石橋脩
================
================
□2019年/東京スポーツ杯2歳S
1着 【6枠 6番】コントレイル/ムーア(ディープインパクト産駒)
2着 【5枠 5番】アルジャンナ川田(ディープインパクト産駒)
3着 1枠 1番ラインベック/ビュイック(ディープインパクト産駒)
【大レコードレース】【接触目且つ馬連360円の低配当】
--↓↓↓--------
□毎日杯
1着 【6枠 6番】シャフリヤール川田(ディープインパクト産駒)
2着 【7枠 7番】グレートマジシャン/ルメール(ディープインパクト産駒)
3着 1枠 1番プログノーシス藤岡佑(ディープインパクト産駒)
【大レコードと言うほどではないがそこそこのレコードレース】【接触目且つ馬連260円の低配当】
================

クロノジェネシス(2020年JRA賞特別賞)、コントレイル(2020年JRA賞最優秀3歳牡馬)を使い、このレースの大事な大事な1枠1番アウィルアウェイ吉田隼は2020年JRA賞最優秀短距離馬グランアレグリアを輩出したスプリンターズSの8枠大外から1枠1番へのズレなのですから、滅茶苦茶単純にスプリンターズSの出目・馬・騎手を使ったカタチでの古賀稔彦氏の追悼となることでしょう。

================
□2020年/スプリンターズS
1着 5枠左10番グランアレグリア/ルメール
2着 2枠右3番ダノンスマッシュ川田
3着 8枠左16番アウィルアウェイ松山
================

レシステンシア浜中、ダノンスマッシュ川田は、

●レシステンシア浜中は16番、及びグランアレグリア・ライクな桜花賞連対馬が。
●ダノンスマッシュ川田は自身が。

重なりました。


以上、どう考えてもレシステンシア浜中、ダノンスマッシュ川田は最低でもどちらか一方は絡むと思うのですが、

●日経賞は、2枠左3番アールスター長岡の【長岡】の直近であるウインマリリン横山武、ワールドプレミア石橋脩が1・3着であり、特にJRA賞特別賞のクロノジェネシスの秋華賞の3枠右が1着だったこと。
●毎日杯は、JRA賞最優秀3歳牡馬コントレイル・ライクな6枠6番シャフリヤール(ディープインパクト産駒)が1着だったこと。

を考えると、

●【長岡】に対する【長岡京S1・2着馬サウンドキアラ、ミッキーブリランテの直近】
●JRA賞最優秀短距離馬グランアレグリア・ライクな存在である桜花賞連対関連の1番人気の牝馬レシステンシア

を馬券軸にするのが最適だと思います。


相手も当然すぎるほど7枠中14番ダノンスマッシュ川田であり、それは今春の一番の話題である新型コロナウィルスワクチンの、

●【ファイザー社製】は紫色の蓋だから、紫にお似合いの紫苑S1着馬マルターズディオサ田辺、ラウダ「紫苑」がサインアイテム
●【アストラゼネカ社製】は単純にアストラだから、アストラエンブレムがサインアイテム

であるとき、ワクチン=水物のオーシャンSにて、

================
    4枠右7番カイザー【=ファイザー】ミノル横山典
【1着】4枠左8番コントラチェック丸山

    6枠右11番【アストラ】エンブレム石川
================

【ファイザー】【アストラ】の2つのタイプが置かれていたならば【ファイザー】の【同枠】が1着だったのですから、7枠左15番マルターズディオサ田辺【紫苑S1着馬=紫色の蓋だからファイザー社】の【同枠】だということもあるわけです。


ただしそれを【同枠ではなく近辺】とみなしたときに、マルターズディオサ田辺は【近辺】のレシステンシア浜中だけを教えている可能性があるわけですから、この角度から考えられる連対馬をもう1頭ぐらいは考えなくてはならないでしょう。


そうすると【ファイザー】【アストラ】の2つのタイプは【出目が連動する】とも考えられますから、

================
□オーシャンS
1着 4枠左8番コントラチェック丸山
2着 2枠右3番カレンモエ北村友
3着 2枠左4番ビアンフェ藤岡佑
================

スプリンターズSの2着の2枠とも重なる【2枠】のどちらかのチョイスは有り得ると思います。


ならば古賀稔彦氏の急逝同様、今週はドバイの首長であるモハメド殿下の兄である世界的なオーナーブリーダー、ハムダン殿下が急逝というニュースもあったのですから、

https://world.jra-van.jp/news/N0008679/

スペインの金メダリストを意味するトゥラヴェスーラ(スペイン語で腕白小僧)、サウンドキアラ(2020年京都金杯1着馬の金メダリスト)の古賀稔彦氏の【同枠】をチョイスしている以上、2枠右3番ライトオンキュー(馬主・ゴドルフィン)は【同枠】、つまり(外)モズスーパーフレア松若の方ですね。


というわけで馬連2点勝負。
我々の馬券の幸運を祈るとともに、故・古賀稔彦氏のご冥福をお祈りすることになるのですが、そのような気持ちは果たして深く記憶に刻まれることになるのでしょうか。


================
◎連対馬A:
8枠右16番レシステンシア:浜中
----------------
◎連対馬X:
7枠中14番ダノンスマッシュ:川田
2枠左4番(外)モズスーパーフレア:松若
のどちらか。
================
馬連:
14-16(65%)☆★☆馬連1,010円的中!☆★☆
04-16(35%)
================
三連単:
16→04,14→01,04,09,10,14
04,14→16→01,04,09,10,14☆★☆三連単9,770円的中!☆★☆
以上16点。
================



競馬のサイン読みを大人のための「パズル」「知的な推理ゲーム」としてとらえ、徹底的に遊び、楽しんでいくことをテーマにした『キムラハヤオの“超”サイン見破れ』。
現在、メール会員募集中。
最先端のサイン読みの考え方をあなたにお届けします。
 
》記事一覧表示

新着順:12/282 《前のページ | 次のページ》
/282