悠々会 コミュニティ広場

* この広場の投稿は原則悠々会メンバーに限ります。 * 公序良俗に反すると思われる場合は管理者の方で削除することが有ります。削除してほしい文章や、写真がありましたらご連絡ください。 * 悠々会HPに飛ぶには最下部のメニューをクリックし、表示されたメニューから「悠々会ホームページ」をクリックします。


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


398件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[421] Re: 福中・福高創立百周年記念パネルデイスカツション

投稿者: 久木田 投稿日:2018年 6月30日(土)13時45分49秒 pl9565.ag2323.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用 > No.412[元記事へ]

> 翌日10日の西日本新聞朝刊「ふくおか都市圏」に、『福高生に著名OB”授業”』として報道されています。なお、この欄に1年間特集された『福高賛歌』43回シリーズが、1冊の刊行物として西日本新聞社から発刊されました。


昨日29日(金)の西日本新聞朝刊の「ふくおか都市圏」に、43回シリーズの「福高賛歌」を1冊の本にした書籍『福高賛歌』が発刊されたことが発表されました。この書籍には、16年にノーベル医学・生理学賞を受賞した高15回卒の大隅良典東京工業大学栄誉教授、アフガニスタンのペシャワール地方で医療・砂漠緑化支援をしている高17回卒の中村哲先生、スペイン・バルセロナのサクラダファミリア贖罪教会主任技術員の高25回卒の外尾悦郎氏、東京五輪招致PR映像等で活躍する映像デイレクターの高回卒の江口カン氏のメッセージが収録されています。
なお、6月10日の母校同窓会総会・懇親会の席では、書籍『福高賛歌』が特別に販売されました。ご希望の方は、同窓会に尋ねてみてください。残部があれば特別価格で購入できます。



[420] 平和を祈る音色永遠に

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月24日(日)11時20分19秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

けたたましい空襲警報の響きと、同じ響きの始業・終業のサイレンの音の中で勉学をしてきたのは、昭和19年4月入学の福岡中学校の生徒(新制福岡高校2回卒業生)です。戦争が終わり、昭和25年3月の卒業に際し「平和への祈り」を込めてアンジェラスの鐘を寄贈しました。
今、平和の祈りを込めたアンジェラスの鐘は、卒業証書を手にした一人一人が1回ずつ打ち鳴らす、卒業生の巣立ちの“儀式”となっています。
鐘を鳴らしながら、もう戦争のことなど考える卒業生はいないでしょう。平和だからです。それぞれが・それぞれの思いを込めて鐘を鳴らし巣立っていきます。
平和な時代の喜びを満喫して、それぞれが・それぞれの道を歩んでほしいというのは、新制福岡高校第2回卒業生の思いであり、切なる願いであったのでしょう。
写真に福岡高等学校文化財保存委員会作成の「アンジェラスの鐘」のパネルを表示しています。
内容は以下の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
指定第六号福高文化財
ア ン ジ ェ ラ ス の 鐘
このアンジェラスの鐘は 福高二回生三三七名が卒業記念として母校に贈ったものである。 福高二回生は太平洋戦争の末期 昭和十九年四月福岡中学に入学 勤労動員など厳しい体験をし 二年生のとき終戦 同二十三年四月の学制改革により 福中四年終了とともに福岡高等学校二年に編入し 同二十五年三月卒業した 福中生・福高生として この校舎で六年間も学び 思い出多い青春を激動の時代に過ごされた
 戦争中は授業の始業・終業の合図はサイレンであり 米空軍の警戒警報や空襲警報のけたたましいサイレンの音と同じものであった そのような安らぎのない日々だったため この鐘は戦後の「平和の鐘」という意味で生徒に親しまれてきたが 同三十八年六月 福中十二回生からチャイム施設一式が寄贈されたので この鐘の役割は十三年余りで終わった
 アンジェラスとは、 本来カトリック教会の祈り お告げの祈りともいう ラテン語で 「アンジェラス・ドシニ」(主の使い)という言葉ではじまるその最初の言葉を英語読みしたものである ミレーの絵「晩鐘」は 夕暮れの畑でこの鐘の音と共に祈りを唱える農夫の姿を描いた名作である
 昭和四十三年二月十五日 大雪のため福岡市内では停電 休校する学校が多かったが本校はこの鐘があったため授業を実施できた 在校生には初めて聞く音であった その後 支柱の鉄が腐食して危険になったのでとりはずし保管していたものを 平成九年度 創立八十周年記念事業として中庭整備を行った機会に復元したものである
 本校では 大正六年創立当時も この鐘と同様のものが使用されたこともあるという このような鐘は昔の木造校舎には似合っていた このアンジェラスの鐘は 本校で学んだ人々の想い出の鐘であるとともに わが国の学校教育の施設 設備の変遷を知る貴重な教育資料として保存する
 「生命の鐘をならせ 伝統の鐘をならせ 平和の鐘をならせ」
  平成十年二月二十五日
       福岡高等学校文化財保存委員会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事の後半に移ります。前同窓会会長新宮松比古は、創立百周年を待たず他界しました。生前、福中・福高同窓会奨学財団の設立、育英奨学金の運営や海外研修の援助など、苦学生の支援や人材育成に心を尽くしたとあります。
昨年(平成29年)6月のノーベル賞受賞大隅良典栄誉教授の講演などは、受賞前から新宮が要請していたとあります。
その新宮は自らの出棺の際の希望をメモに残していました。「最後は福高の校歌で送り出してほしい」と。こよなく福高を愛し福高のために尽くした新宮松比古でした。
言葉を交わしたこともありません。でもそんな先輩がいるということは一人の卒業生として誠に誇らしいことです。
言葉を交わしたこともありません。そこで、現同窓会会長 藤 和義氏に前新宮松会長の人となりや貢献内容など寄稿いただけないかと依頼しましたところ、現在「創立百周年記念誌」を編集中でその中に『新宮松比古会長を偲んで』(仮題)として掲載予定にしている。
「創立百周年記念誌」は百周年関連事業のすべてを記録することになるため「記念講堂」の竣工写真も含めるので2020年秋になる。それまでお待ちいただきたいとのことでした。

写真中は「アンジェラスの鐘」
写真下は福岡高等学校文化財保存委員会作成の「アンジェラスの鐘」のパネルです。
この後、本年(平成30年)7月27(金)の至誠福医会終了後の、Dr徳永尚登さんの投稿を掲載して、「福高賛歌」全編の終了となります。




[419] 社会貢献母校の評価に

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月24日(日)11時13分30秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用

今回はマスコミ、医療関係、その他の様々な分野で活躍の皆さんが登場します。
掲載記事をご覧ください。
元RKB毎日放送のアナウンサーで現在はラジオ・テレビ・講演などで活躍中の林田スマさんは、昨年(平成29年)の福中・福高創立百周年記念「ノーベル賞受賞大隅良典栄誉教授の講演」の司会、本年(平成30年)6月9日(土)の同じく福中・福高創立百周年記念「パネルデイスカッション(中村哲先生・外尾悦郎氏・江口カン氏)」の司会と、福高関連の司会は林田スマさんが定番と決まっています。
悠々会では平成20年ソラリアプラザで開催した総会のなかで林田スマさんにミニ講演をお願いしたことがありました。何らかのやむを得ぬ都合で30分の予定時間を20分に短縮させていただいたところ、何とピッタリ20分で話が終わりました。「どうです。ピッタリ20分で終わったでしょう」とご本人から言われさすがに時間に生きるプロだと感心したものです。
医療関係では「至誠福医会懇親会」のニュースが「朝ぼらけ」第110号(平成28年11月15日)と同じく第112号(平成29年11月15日)掲載されていました。
幹事の松岡正樹(22回卒南区長丘五町目クリニック)さんに悠々会ホームページに掲載を依頼したところ、徳永尚登(25回卒南区徳永内科)さんに引き継いだとのことでした。
徳永尚登さんに照会したところ、本年(平成30年)7月27日(金)に第5回の例会があるので、それが終了後原稿や写真を送付するとのことでご了解を得ましたので、後日コミュニティ広場に掲載いたします。
「至誠福医会」は福岡市内の福岡高校出身の医師の会です。
「至誠福医会」の会員皆様のご発展と第5回例会の盛会をお祈りしています。

以上 福高賛歌(42)でした。




[418] THE ふくやジャーナル

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)19時50分10秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

THE ふくやジャーナルは 社員・家族のみなさんとのコミュニケーション誌となっています。
そのNo259号(2013.12.1)です。
福高12回卒・悠々会、清原英毅君からのお礼の手紙が掲載されています。
画像を添付しているので、重複しますが、記事の内容を記載します。

◎夕顔運動創設者 清原英毅様より、お礼の手紙を頂戴しました
 1983年の発足以来、ふくやも長期に渡って支援してきた「夕顔運動」が2013年10月で活動を停止することが決定しました。
 ふくやが支援してきたことに対して、夕顔運動世話人代表の清原英毅様よりお礼状を頂戴しましたので、ご紹介いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
川原健様、川原正孝様
                                     清原英毅
《前略》
 「ふくや」様には草創のころからご支援を頂いたこと、心より感謝申し上げます。無に近い状態を、形にさせてもらえました。お陰様で、30年余も続けることができました。亡きご母堂様に本社でお声を掛けていただいたこと今でも忘れません。「頑張りなさい!!」と。
《中略》
 改めて、ふくや様の地域貢献へかけられる企業文化の素晴らしさに感銘します。ご両親様のご薫陶と健、正孝ご兄弟のご精進の賜物でしょう。見聞きしますに、若き第3世代へも理念がしっかり受け継がれていて喜ばしい限りです。博多の歴史と記憶に残り、多くの人々に愛される企業であり続けられることでしょう。因みに、「夕顔の種は」は、提供社・タキイ種苗内では「夕顔運動の種」でなく、「ふくやの種」が通り名でした。
 長い間、物心ともにご支援くださり、本当に有難うございました。健兄、正孝兄のご健勝と「ふくや」様の更なるご繁栄をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 以上
 清原君のお礼状ではないのですが、「ふくや」さんはこのようにして、社員や家族との絆を深めているのですね。取って付けたような「社会貢献」活動ではなく、真の企業理念を僭越ながら感じます。



[417] ゆうがお新聞第10号

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)17時51分49秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用

夕顔の種子リレー、21年目の新聞です。



[416] Re: ゆうがお新聞(20周年記念特集号)ふくや版

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)17時42分38秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済 > No.415[元記事へ]

> 新1年生に夕顔の種が贈られた後、「ふくや」さんの夕顔の種の配布が始まります。同時に「ふくや」さんのゆうがお新聞も配布されます。
> 「ふくや」さんのゆうがお新聞20周年記念特集号です。4ページあるので二つに分けて掲載します。
その2です。ダブルクリックして表示させて、さらに拡大すると文字が 読めるサイズになります。



[415] ゆうがお新聞(20周年記念特集号)ふくや版

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)17時41分1秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用

新1年生に夕顔の種が贈られた後、「ふくや」さんの夕顔の種の配布が始まります。同時に「ふくや」さんのゆうがお新聞も配布されます。
「ふくや」さんのゆうがお新聞20周年記念特集号です。4ページあるので二つに分けて掲載します。



[414] 「ふくや」さん絵袋(2)

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)15時37分1秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.413[元記事へ]

> 福高賛歌(41)で紹介しました「ふくや」さんの絵袋ですが、飛び飛びの年代で6袋ありますので2回に分けて紹介いします。
>2回目は「H7.ユニバシアード絵袋」、「H11.ふくや50周年絵袋」、「H12.ふくや絵袋」です。



[413] 「ふくや」さん絵袋(1)

投稿者: DVD作成事務局 投稿日:2018年 6月20日(水)15時33分43秒 softbank060109009086.bbtec.net  通報   返信・引用

福高賛歌(41)で紹介しました「ふくや」さんの絵袋ですが、飛び飛びの年代で6袋ありますので2回に分けて紹介いします。
今回は「H?ふくや絵袋」(夕顔運動支援初期の分)、「H2.とびうめ国体絵袋」、「H4.ふくや絵袋」



[412] 福中・福高創立百周年記念パネルデイスカツション

投稿者: 久木田 投稿日:2018年 6月13日(水)12時24分20秒 pl9565.ag2323.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

母校創立百周年記念事業の1つとして、6月9日午前10時半から、福岡国際会議場にて、福中・福高創立百周年記念パネルデイスカツションが開催された。世界を舞台に活躍する卒業生3名がパネリストとして、「福中・福高百年-日々に新たなり」~語り合う福高時代、語り継ぐ夢と未来~をテーマにそれぞれの経験を元に在校生に夢と希望を語り継いだ。パネリストは、中村哲(敬称略。以下同じ。)(九大医学部卒;アフガニスタンで医療支援とともに砂漠の緑化事業;ペシャワール会現地代表;ピース・ジャパン・メデイカル・サービス総院長;高17回)、外尾悦郎(サクラダファミリア贖罪聖堂、芸術工房監督;高25回)、江口カン(映像デイレクター;東京五輪招致PR映像等々;高38回)。
翌日10日の西日本新聞朝刊「ふくおか都市圏」に、『福高生に著名OB”授業”』として報道されています。なお、この欄に1年間特集された『福高賛歌』43回シリーズが、1冊の刊行物として西日本新聞社から発刊されました。


398件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.